高く売りたい人のためのマンション売却・買取マニュアルin福岡
福岡でおすすめのマンション売却会社を徹底比較しました
福岡でマンション売却に強い不動産会社リスト

売却価格の見極め方

実際のマンション売却の値段、つまり売出価格が、不動産屋がはじき出した査定額からどのように決まるのかを説明します。

「売りたい価格」と「売れる価格」を考える

売買成立は、あくまでも買い手があってのことですから、適正な価格で売り出さなくては、売却の合意に至ることはできません。

マンション売却にあたって、合理的に売り出しの値段を決めるには、次の3つの値段について考えることが大切だとされています。

1つ目は、「自分の売りたい値段」。これは自分が単純に、「このくらいで売りたい」と思う金額です。

誰しも「少しでも高く売りたい」と考えるのは当然ですから、不動産業者の査定価格よりも高くなることがほとんどです。

また、2つ目は、「売れるであろう値段」です。 取引事例比較法(近隣の不動産の過去の成約事例、取引価格をもとにする方法)を使って不動産業者によって割り出された金額です。

3つ目は、「オーナーとして売却できる値段」。これは言い換えると、「売主としてこれ以上の金額でなければ、売却をすると損をしてしまう」という下限額のことです。

住宅ローンの残りに、マンション売却に伴う仲介手数料を加えた値段が、ひとつの目安となります。

許される限り腰をすえて臨むべき

現実的には、3つ目として紹介した「オーナーとして売却できる値段」から、売出し価格を決めるケースが多くなると思います。

しかし、時間やお金に余裕があり、「少しでも高く売却したい」という人であれば、1つ目の「自分の売りたい値段」でスタートしてもよいかもしれません。

逆に「1日でも早く売らなくてはいけない」という事情を抱える方なら、最初から2つ目の「売れるであろう価格」で市場に出すという作戦をとるべきでしょう。

不動産業者の側からすると、迅速に仲介手数料を獲得するため、「売れるであろう価格」をすすめてくることが多いようです。

しかし、「もう少し高く売れたのではないか」という後悔をしないためにも、事情の許されるかぎり腰をすえて臨むというのがマンション売却の基本スタンスになります。

こんな業者は注意!!

  1. 依頼した後に全く案内や問い合わせの連絡がない
  2. 依頼後、1・2ヵ月でしきりに値下げの話をする
  3. 買取をしきりに進めてくる

これらの業者は、より高い手数料目当てに、売却のチャンスを逃してしまっている可能性があります!!

当サイトおすすめの信頼できる業者はこちら!!

▲ページトップ