高く売りたい人のためのマンション売却・買取マニュアルin福岡
福岡でおすすめのマンション売却会社を徹底比較しました
福岡でマンション売却に強い不動産会社リスト
福岡マンション売却ガイド » 知らないと損する!マンション売却マル得知恵袋 » 福岡でマンションを売るなら知っておきたい仲介手数料の仕組みを詳しく解説

福岡でマンションを売るなら知っておきたい仲介手数料の仕組みを詳しく解説

福岡でマンション売却を考えているなら、売る前にその仕組みを知っておきましょう。

マンションを売却すると、不動産業者に支払う「仲介手数料」が発生するのをご存知ですか?

それは一体いくらなのでしょうか?また、絶対に払わなくてもいけないのでしょうか?

詳しく解説します!

仲介手数料とは何?

不動産業者の利益となる代金

仲介手数料というのは、いったいどのようなお金なのでしょうか?これは一言で言うなら、不動産業者の利益です。 不動産業者は家を買いたい「買主」と、家を売りたい「売主」の双方を仲介し、売買契約を成立させるためのサポートを行います。ですが、買主と売主がマンションの売買を行っただけでは、不動産業者への利益が発生しません。

そこで、「売買を手伝ったのだから、その分のお金をください」という主旨で業者から請求されるお金が仲介手数料なのです。 最近ではもっとシンプルに「マージン」ということもありますね。

仲介手数料の計算式とは?

それでは、仲介手数料はどの程度必要なのでしょうか? その相場は福岡に限らず全国的に大体決まっています。

計算式は下記の通りです。

物件価格のうち3%+6万円(調整代)

たとえば、3,000万円の物件を購入した場合は以下のようになります。  

3,000万円×0.03+6万円=96万円 思っていたより高額ではなかったですか?

マンションを売るときには、こうした出費があることを知っておきましょう。

仲介業者が2社いた場合は?

一般的に仲介業者は、売主と買主の双方を1社で請け負います。この状態を「両手間」といい、仲介業者は双方から売買仲介手数料を受け取ることになるわけです。

では、買主と売主それぞれに異なる仲介業者がついていた場合は、どうなるのでしょうか。

その場合は、買主側の業者が買主から、売主側の業者から売主から、それぞれ手数料を受けります。

この状況を「片手間」というのですが、両手間で得られるよりも利益が半分になってしまうため、不動産業者にとっては魅力的ではありません。

仲介手数料を安く抑える方法

買主を自分で探す

仲介手数料は物件によって100万を超えてしまうこともあり、決して無視できる金額ではありません。これを安くする、あるいは無料にする方法はあるのでしょうか?

まず考えられる方法としては、仲介業者に一切頼ることなく自分でマンションの買主を探すことです。

ひと昔前であればこれはかなり骨の折れる仕事でしたが、ネットが発達した現在では難易度が若干下がっています。人口が多く、開発も進んでいる福岡、特に博多周辺などであれば、地方に比べて買主を見つけやすそうですね。

不動産業者と交渉を行う

さまざまな事情からどうしても仲介業者が必要となってしまう場合は、せめて交渉を行ってみるのもいいでしょう。

先述した片手間状態の時は、業者側も利益が少ないためなかなか応じてくれないかもしれませんが、両手間状態であれば応じる確率は高くなります。

交渉を行うにあたっては横柄な物言いを避け、なるべく業者の顔を立てるようにして進めていくと話はスムーズに運ぶでしょう。

手数料がかからない場合も

また、最近ではこうした仲介手数料が不要な業者も存在しています。このようなサービスを打ち出しているのは大手ではない新興の業者で、競争力を高めるための手段のひとつです。 ただし、無料にあたっては何かしらの条件が加わる場合が多いようです。

例えば、買主のみ無料であったり、物件価格が高い場合は無効など、条件次第では対象外になることもあるので、気をつけてください。

「無料」という言葉にすぐ飛びつくのではなく、よくサービス内容を確認してから利用するようにしましょう。

マンションが高く売れれば、その分仲介手数料も高くなります。その分も考慮に入れて、マンション売却をすすめるようにしてください。

こんな業者は注意!!

  1. 依頼した後に全く案内や問い合わせの連絡がない
  2. 依頼後、1・2ヵ月でしきりに値下げの話をする
  3. 買取をしきりに進めてくる

これらの業者は、より高い手数料目当てに、売却のチャンスを逃してしまっている可能性があります!!

当サイトおすすめの信頼できる業者はこちら!!

▲ページトップ