高く売りたい人のためのマンション売却・買取マニュアルin福岡
福岡でおすすめのマンション売却会社を徹底比較しました
福岡でマンション売却に強い不動産会社リスト

媒介契約の種類について

マンション売却のために、不動産業者と媒介契約を結ばなくてはなりません。媒介契約の基礎知識や特徴を学んで、不動産業者との賢いつきあいを目指しましょう。

媒介契約には3つの種類がある

そもそも媒介契約とは、「私のマンション売却をあなたの会社に依頼します」という取り決めを書面で交わすことです。

売却を依頼する金額と期間、依頼によっておこなう売却活動、成約時に支払う手数料などについて合意した内容が記されています。

期間は、3ヵ月を超えない範囲で任意に設定できるルールとなっています。

仮に3ヵ月とし、その間の仕事に不満や不安を感じたならたなら、3ヵ月後に契約を更新せず、別の不動産屋に切り替えることが可能です。

媒介契約には3つの種類があります。「一般媒介契約」・「専任媒介契約」・「専属専任媒介」の3つです。

一般媒介契約とは、売主が複数の不動産会社に並行してマンション売却を依頼できる契約形態です。

ただし売主が自分で買主を探し、直接契約をすることは可能とされています。複数の仲介業者を使うことによって幅広く販売活動を行うことができます。

専任媒介契約とは、依頼した不動産屋一社のみとの契約を交わす契約形態です。他の不動産会社に依頼することはできませんが、売主が自分で買主を探すことについては問題ありません。

この契約をすると、他社に成約をとられる心配がないため、積極的に広告などの営業活動をしてもらうことが期待できます。

専属専任媒介とは、専任媒介と同様に、1社限定となるタイプの契約です。

しかも依頼者自身が買主を探して契約することも禁じられます。不動産会社にとってメリットの大きな契約形態といえます。

いずれの媒介契約においても「依頼者に不利な条項は無効とする」とされています。

不動産業者に都合のいい内容で契約させられることはありませんから、安心して依頼してください。

また、信頼できる不動産業者であれば、3種類の内容や違いについて、しっかりと説明してくるはずです。

こんな業者は注意!!

  1. 依頼した後に全く案内や問い合わせの連絡がない
  2. 依頼後、1・2ヵ月でしきりに値下げの話をする
  3. 買取をしきりに進めてくる

これらの業者は、より高い手数料目当てに、売却のチャンスを逃してしまっている可能性があります!!

当サイトおすすめの信頼できる業者はこちら!!

▲ページトップ