高く売りたい人のためのマンション売却・買取マニュアルin福岡
福岡でおすすめのマンション売却会社を徹底比較しました
福岡でマンション売却に強い不動産会社リスト

大手と中小どちらがいい?

ここではマンション売却を仲介してもらう不動産会社の選び方について、大手にするべきか中小にするべきかを解説しています。

企業規模と売却力の関係が小さい理由

結論からいうと、会社の企業規模は、マンション売却の成功・失敗に大きく影響する問題ではありません。

確かに「大きな金額の売買取引を任せるわけですから、大手企業のほうが信頼できるのでは?」という見方は間違いではありません。

また、大手であれば、自社のネットワークを使って多くの見込み客の中から迅速に購入希望者を見つけてくれるという期待も膨らみます。

しかし、中小であってもこれまでに確かな実績を持つ業者であれば信頼を置くことはできます。購入希望者をみつける早さも数日の違いでしょうから、あまり差はないと思います。

なぜかというと、大手でも中小でも売主からマンション売却を依頼されたら、基本的には不動産業者間の物件情報交換システム「レインズ」に登録し広く情報公開することになります。

ですから、そこに登録する業者自身の企業規模は、情報発信力とはあまり関係ないのです。

あえて大手に依頼するメリットをあげるとしたら、地方の物件を東京や大阪で買い手を見つけたいといった場合に自社のネットワークで対応してくれるという点でしょうか。

売却を依頼する不動産業者選びで重要なのは、企業規模よりも「どんな販売活動をしてくれるのか」です。

そして、経験者が口をそろえるのは、取引相手となる会社自体も重要ですが、担当してくれるスタッフの力量のほうが、マンション売却の満足度、成功度に遥かに大きく影響するということです。

全国展開の大手企業では「支店長や部長以外は、ほとんど新人に近いか入社数年の若手社員だった」というのは、よくある話です。

一方、中小の業者では、多くの場合は、長く業界経験を積んだ人材が、それまでに所属していた会社の方針に疑問を抱いたり、自分の実力を発揮できる場を求めたりして独立し経営者や責任者となっています。

そうしたプロフェッショナルな人材による親身な対応が期待できるのは、中小の不動産会社にしかない魅力といえます。

こんな業者は注意!!

  1. 依頼した後に全く案内や問い合わせの連絡がない
  2. 依頼後、1・2ヵ月でしきりに値下げの話をする
  3. 買取をしきりに進めてくる

これらの業者は、より高い手数料目当てに、売却のチャンスを逃してしまっている可能性があります!!

当サイトおすすめの信頼できる業者はこちら!!

▲ページトップ