高く売りたい人のためのマンション売却・買取マニュアルin福岡
福岡でおすすめのマンション売却会社を徹底比較しました
福岡でマンション売却に強い不動産会社リスト

売れない場合の対処法

マンションの売却がうまくいかない原因別に、その対処方法のアドバイスを紹介していきます。

売り出し価格がニーズに合っていないケース

マンションが売却できない最も考えられる理由は、あなたの物件の価格がライバル物件よりも高いこと。

2~3週間経過しても内覧希望がない場合は、売出価格を見直すべきサインです。

なぜそう判断できるかというと、不動産業者と媒介契約を結べば、その不動産屋はすぐレインズ(不動産業者による不動産取引情報サイト)に情報を登録し、翌日もしくは翌々日には、あなたの物件情報が「新着情報」として全国の不動産業者へ配信されます。

各不動産会社は、自分のお客様の希望にマッチした「新築物件」が出されれば、取り扱う不動産屋へ問い合わせをし、詳細な資料を取り寄せます。

問い合わせがあったということは、あなたのマンションに「需要」があると判断できるわけです。

さらに、資料を見た結果、内覧希望がされなかったということは、「総合的に物件が割高」といった判断がされてしまったとみることができます。

価格調整を検討すべきです。そして価格を下げてもだだめで、「これ以上待てない、一日も早く現金にしたい」という状況になってしまったら、売却サービスから買取サービスへの切り替えも視野に入れていいかもしれません。

不動産会社の販売活動に問題がある

稀なケースだとは思いますが、不動産会社があなたのマンションの販売活動を怠っていることも考えられます。

たとえば、数ある業者の中には、レインズへの登録を行わない不動産屋もいるといわれます。

マンションの売買が成立すると、不動産業者は、売主であるあなたから「仲介手数料」を受け取るわけですが、もし買主も自分で見つけたとしたら、買主からの手数料収入も得ることができるためです。

また、仲介手数料の割引を行っている不動産業者も十分な販売活動をしていない可能性があります。

仲介手数料が安いということは、広告費や人件費などを切り詰めている可能性があります。

「安いのはいいけど、対応がなんだか怪しい」「要望をあまり聞いてくれない」と感じるようなら、別の不動産業者を探したほうが良いでしょう。

こんな業者は注意!!

  1. 依頼した後に全く案内や問い合わせの連絡がない
  2. 依頼後、1・2ヵ月でしきりに値下げの話をする
  3. 買取をしきりに進めてくる

これらの業者は、より高い手数料目当てに、売却のチャンスを逃してしまっている可能性があります!!

当サイトおすすめの信頼できる業者はこちら!!

▲ページトップ